梅雨×天パ=つらい

天然パーマの人には辛い季節となりました。

梅雨です。

かくいう私も天パです。

約半年ごとに縮毛矯正をかけて凌いでいるのですが、

前髪は3か月くらいで限界を迎え、その都度、前髪だけの縮毛矯正をします。

天パの方はお分かりになるかと思うのですが、前髪の内側の髪って異様にクセが強いんですよね。

「内側の毛だけ左右に分けて、ヘアピンで見えないように留める」って中学・高校時代やりませんでした?

表面の毛はまだマシなので、フツーに下ろして前髪として働いてもらっていました。

常々思っているのですが、幼児の天パってかわいくないですか。

クルックルのフワッフワで、もう天使かって感じ。

姪(幼児)が天パなんですよ。

今はゴージャスでかわいいんですが、

「大きくなったら苦労するだろうよ・・・」と思いながら見ています。

天パの人とそうでない人では、美容室にかける金額が結構違うと思うんですよ。

生涯の美容室代とか比べたら、結構な差がでるのではないかと。

(あ、当然天パが金額は上という予想です)

仮に美容室代が同じくらいだったとしても、天パではない人はトリートメントやヘッドスパのような+α的リッチなメニューを楽しんでいることでしょうと僻んでいます。(※想像です)

そもそも天パは「縮毛を矯正する」というマイナスからのスタートなところがあるよな~と思っています。

そんな天パ持ちが天パ対策として使っているアイテムがこちら↓

メイソンピアソン ポケットブリッスル

パッと見はフツーのヘアブラシなのですが、完全手作りでイギリス製の高級品らしいです。

公式サイトによると「ヘアブラシ界のロールスロイス」。

・・・なんかすごそうってのは分かるのですが、ヘアブラシ界にもクルマ界にも明るくないんで、ちょっとピンとこないですね。

なにかの美容本で絶賛されているのを見て、2年位前に衝動買いしました。

髪のクセが消滅するわけではないけれど、髪はめっちゃまとまります。

ただ、ブラシ本体の手入れがちょっとめんどくさい。

イノシシの毛でできているのですが、これがなかなか繊細なようです。

水洗いしすぎるとブラシの毛質が劣化するとか、洗った後はタオルで水切りしたら絶対にダメとか、メーカーからの注意書きが多い。

これがネックとなって、使用頻度はビミョーです。

このブラシを持っているのに、ホテルのアメニティでもらったプラスチック製コームを愛用したりもしていました。(今は壊れて破棄しました)

折角持っているので、もっと活用したいところです。

こっちはドライヤー

復元ドライヤーです。

お高いトリートメントを使うより、まずはドライヤーをちょっといいやつに変えた方がヘアケア効果があるって聞いたので買ってみました。

このドライヤー、「育成光線」なるものが出ているらしいです。

なにか岩盤浴的な効果があるらしい。

付属の説明書にはドライヤー使用例が載っているのですが、「首」とか「おしり」といった体への使い方が紹介されています。

最初に見たときは「???」となりました。

使用方法といっても、基本は「風をあてる」だけなので、どこの部位に何秒間あてるとかいう説明です。

最初は物珍しさもあって体にも使ってみたのですが、もうしばらくやってないですね・・・。

体への効果はちょっとわからなかったのですが、フツーのドライヤーとしては十分いいと思います。

価格が安いか高いかは人の価値観次第ですので一概には言えませんが、

有名どころのヘアビューザーや最新のナノケアに比べたら安いです。

このドライヤーの一番気に入っているところは、その使い方です。

ドライヤーには珍しく「近づけて、ゆっくり風をあてる」なんですよ。

よく言われる「髪が痛むから遠ざけて」とか「熱がこもらないようにドライヤーを振って」という使い方の真逆なんです。

何も気を付ける必要なくボーっとしながら使えるので、私にはあっていました。

出てくる風は、パワフルかつ柔らかい。

ただ音は結構大きめですね。

使用中は周りの音が本気でまっったく聞こえないので、知らぬ間に家族が近くに来ていて「・・・ッ!!!!」となることもあります。

ランキングに参加しています。よろしければ↓クリックお願いします。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました